ぼくのかんがえたさいきょうのぽけもん

社畜ポケモントレーナーのブログです

ポケモンと現実(リアル)の向き合い方について

皆さんお久しぶりです、カワチです。

 

サンムーンも発売してから早3か月

楽しいポケモンライフをお過ごしでしょうか。

 

今回は私を取り巻くポケモン環境が変わってきていて、色々と思うことがあったので記事を書いてみました。

 

これを見て何か言いたくなるかもしれませんが、「こいつこんなこと思ってるんだな」くらいで軽く流していただければ幸いです。

 





最近私の同年齢層のポケ勢が相次いでポケモンを引退しています。(よくある引退詐欺ではないです。)

 

年齢としては20代後半が多く、大体の方が恋愛や、結婚を理由に挙げています。

 

20代後半と言えば、そろそろ結婚を意識する年齢ですし、当たり前と言えば当たり前です。

 

ポケモンというゲームはみんなでワイワイやるようなものではなく(もちろんそういう要素もあります。)ついつい一人で没頭してしまうものです。

 

かくいう私も、過去に彼女がいたときはポケモンが原因でケンカになることがよくありました。

 

でも相手からすれば、ポケモンやってるときは相手にしてくれない、ポケモンやってないときでもポケモンのことばっかり考えてては嫌になりますよね。

 

その辺りのオンオフをきっちり分けられればいいのですが、私には無理でした。

 

ですから、自分のような失敗を繰り返さないためにも、今彼女がいる、あるいは結婚されてるポケ勢の方は今一度自分を見直してみてはいかがでしょうか。(上から目線になってしまいすみません。)

 

そうでない方も最近友達と疎遠になってきたという方は見直す必要があるかもしれません。



俺はリアルよりもポケモンが大事だ!という方は、ポケモントレーナーの鑑だと思いますし、否定するつもりはありません。


ただ、そのことによって後々後悔するのであれば、今のポケモンに対する向き合い方を変える必要があるかもしれません。

 

だからといってポケモンを通して得られた友人・知人まで切る必要はないと思いますし、せっかく得られた繋がりですから、ずっと大事にしていけたらいいですよね。


実際私もTwitterポケモンの様々なオフ会を通じてたくさんの方と知り合い、今も仲良くさせて貰っています。


正直たかがゲームくらいにしか思っていませんでしたが、ここまで人脈を広げられるポケモンというゲームは素晴らしいです。


恐らくこれからも色々とご迷惑をお掛けすると思いますが、以前と変わりなく仲良くしてもらえるとうれしいです。





 

要約すると、引退してもいいから今まで絡んだことある人は私とずっと仲良くして><><><

 

っていうメンヘラ記事でした。


おわり

近況報告


みなさん、いかがお過ごしでしょうか。



え、僕ですか?僕はまぁ…社畜してます。おかげさまでレート潜れてません…




本当は!!僕だって!!レートやりたい!!




とまあこれは半分冗談です。

なぜ半分かというと、レートやろうと思えば辛うじてできる環境にはあるからです。


しかし、今はこの社畜生活を抜け出すために足掻いてます。


よって、今期はもうレートに潜れないと思います。


そのくらい自分にとっては今が頑張らなくてはいけないときだと思ってます。


こんなこと言ったら語弊がありますが、レートなんていつでもできますから。


でも自分の人生変えようと思ったら今頑張るしかありません。


だから今を変えるために全力を注ぎたいと思います。だって自分の人生かかってますから。



というわけで僕のORAS環境のレートは終わりです。(本気でやるという意味でです。)


ORAS環境も残り約2週間ですが、やる方は頑張って下さい。応援してます。


再開できるのがいつになるのかわかりませんが、いずれちゃんと復帰するつもりです。


それではサンムーンでお会いしましょう!

ではまた。



S16最高最終2008 カワチ式ガルガブバレルアロー

f:id:senpoke:20160720001937p:plain 

 

みなさんはじめまして。カワチといいます。S16にて自身初のレート2000を達成できたので記念という意味も込めて記事にしたいと思います。ちなみにTNにしこりけいで潜ってました。

 

使った並びはこちら。

f:id:senpoke:20160719195123j:plain

 

一言コメントには触れないで下さい()

 

元々この構築はラフィーさんという方の構築が原点です

 

http://sp.ch.nicovideo.jp/rafee/blomaga/ar1030666

 

※本人から許可は頂いております。

 

それでは個別解説をしていきます。

 

 

 

ガルーラ@ガルーラナイト

f:id:senpoke:20160719211037g:plain

いじっぱり H84 A148 B244 D4 S28

グロウパンチ  ひみつのちから

ふいうち  ほのおのパンチ

 

この構築の軸。

モロバレルとセットで出していくことが多いです。

アンチナットレイハッサムなので炎Pいれました。

Aが少し物足りない感がありますが、何回か出会った陽気鉢巻ゲッコウガのけたぐり耐えたので何とも言えません…

クレセリアなんてただのエサなんだよなぁ⁉︎

 

 

ガブリアス@ラムの実(1950からヤチェの実に変更) 

 f:id:senpoke:20160719214652j:plain

ようき ASぶっぱ残りB

じしん げきりん

がんせきふうじ つるぎのまい

 

大正義ガブリアス

本家では襷でしたが、ゲンガーに襷を取られているため

ラムの実にしました。

また最近物理ポケモンを鬼火で見てくるポケモンが多いと

感じたためです。

使用感としてはまあまあといった感じです。

ただガブリアス対面ノーチャンスなのはつらいので、スカーフでもいいかも

しれません。

途中からヤチェに変えたのは珠ボルトのめざ氷で4ぬ場面が増えたなぁと

個人的に感じたためです。

 

 

モロバレルゴツゴツメット 

f:id:senpoke:20160719215839j:plain

ずぶとい HBぶっぱ残りS

キノコのほうし ギガドレイン

イカサマ クリアスモッグ

 

都合のいいときだけ胞子打ってすぐ逃げる卑怯なキノコです。

おまけに回復しやがる。

こいつのおかげで2000いけたといっても過言ではないくらい活躍してくれました。

クチート軸に負けたことはありません。

基本的に胞子を打ったら裏のガルガブアローあたりに繋げるのが流れです。

†最速起きは考慮しない†

ってえらい人が言ってたので、最速起きは運負け主張しましょう()

 

 

ファイアロー@プレート

 

f:id:senpoke:20160719221251p:plain

いじっぱり ASぶっぱ 残りB

ブレイブバード フレアドライブ

とんぼがえり つるぎのまい

 

個人的に炎枠最強と思っているポケモン

バシャ軸には積極的に出していきます。

てかバシャがこいつでしか止められません・・・

本家では陽気ですが、なんとなく火力不足だと感じたため

意地にしました。その結果、1回舞ってB振りガブがブレバで落ちないという事故は

なくなりました()

 

 

ゲンガー@きあいのタスキ

f:id:senpoke:20160719224722j:plain

おくびょう CSぶっぱ残りB

おにび シャドーボール

こごえるかぜ ヘドロばくだん

 

主に先発で出して場を荒らし、後続のサポートを行うポケモン

ガルーラのねこだまを誘い、バレルに引くという動きもできます。

またマンダを止めたり、スカガブを止めたりすることもできます。

ただ初手ゲンガー誘いまくって悲しくなりました。

この枠は要検討です。

 

 

ゲッコウガ@こだわりメガネ

f:id:senpoke:20160719233736j:plain

おくびょう CSぶっぱ残りB

あくのはどう れいとうビーム

ハイドロポンプ めざめるパワー(飛行)→ハイドロカノン

 

本家は信用可能ゲッコウガですが、使っていてなんとなく火力不足だなと

感じたので、知り合いのシンヤさんの勧めもあり、メガネで採用しました。

結果としてメガネ以外使えない体になってしまいました///

もともとはヘラクロス意識でめざ飛を採用していましたが、

全然マッチングしなかったのと、いても出てこないのでハイドロカノン

変更しました。その結果クチートが吹っ飛んでいったり、無邪気ガルーラが

吹っ飛んだりと、変えて正解でした。

また先ほど書いた通りゲンガーを死ぬほど誘うので、

悪波一発耐える読みで突っ張ったりするゲンガーをメガネ悪波で56したりと、

使ってて楽しかったです。

 

 

・選出

 

基本的には

ゲッコウガorゲンガー + モロバレル + ガルーラorガブリアスorファイアロー

というのが基本選出です。

 

ただ相手の構築によってはモロバレルファイアローを初手で出していくこともありますし、そこは相手のPT次第という感じです。

 

 

・最後に

私はXYのシーズン5からレート初めて、ようやく2000までいくことができました。

正直ここまで来るのに何回もくじけそうになりました。(ずっと何シーズンも1900台から抜け出せませんでした。)

それでもここまで来れたのは、大げさかもしれませんが、支えてくれた仲間や応援してくれた方がいたからだと思います。

 

来期は2100いけるように頑張りたいと思います。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。